殺人擔々麺(さつじんたんたんめん)。そう書(か)かれた物々(ものもの)しい看板(かんばん)が、福岡市(ふくおかし)のJR博多駅近(はかたえきちか)くのオフィス街(がい)にある。中華料理店(ちゅうかりょうりてん)「陽華樓(ようかろう)」の名物(めいぶつ)で特製唐辛子入(とくせいとうがらしい)りの一品(いっぴん)だ。

殺人擔擔面,在福岡市JR博多站附近的商業街上,有一家店面的招牌上煞有介事地這樣寫著。這道料理在中華料理店“陽華樓”的招牌料理中加入了特制辣椒。

「刺激(しげき)に弱(よわ)い方(かた)は注文不可(ちゅうもんふか)」との注意書(ちゅういか)きも。秘伝(ひでん)の「殺人(さつじん)の薬味(やくみ)」が舌(した)を刺(さ)す。

菜單上還寫著“不太能接受刺激的客人不可點單”的注意。能殺人一般的辣味配方是不外傳的,刺激著客人的味蕾。

「インパクトがあり、目玉(めだま)になるものを」と生(う)み出(だ)し10年(ねん)ほど。客(きゃく)も刺激(しげき)に慣(な)れ、エスカレートして3倍(ばい)の辛(から)さの「死神(しにがみ)」も登場(とうじょう)した。

殺人擔擔面作為有沖擊力又吸引人的招牌菜誕生已經十年。常客已經習慣了刺激,辣味升級為其三倍的新作“死神”已經亮相。

?重點詞匯?

書き [かき]

標記文字、記號或線條等;寫文章、創作作品。

刺激 [しげき]

刺激,使興奮。

目玉 [めだま]

眼珠、眼球;吸引人的最核心事物;招白眼、受申斥。